no title



1 LingLing ★ :2022/08/12(金) 20:59:34.59ID:CAP_USER
879ヘクタールの農地が浸水、病虫害まで…集中豪雨で「物価災難」=韓国

韓国では記録的な集中豪雨で880ヘクタール近い農地が水に浸った。汝矣島(ヨイド)の3倍を越える面積だが、被害規模は拡大を続けている。大雨に続く暑さで農畜産物の物価が不安定になっている。

12日、企画財政部の方基善(パン・ギソン)第1次官の主宰で開かれた非常経済次官会議で「大雨による農作物被害状況および今後の管理方案」が議論された。方次官は「現在まで農作物の浸水・落果879ヘクタール、8万6552頭の家畜斃死被害が発生し、降雨以降の高温に伴う病害発生も懸念されている」と明らかにした。879ヘクタールは8.79平方キロメートルに該当する面積で、ソウル汝矣島(ヨイド)の大きさ(2.9平方キロメートル)の3倍に達する。

方次官は「ハウス・果樹園・畜舎など脆弱施設の点検と応急復旧に努める一方、中部圏が主産地のハクサイ・ダイコン・ジャガイモ・リンゴ・ナシなどを中心に関係機関の合同作物状況管理チームを構成して病害虫の防除、薬剤の割引支援、予備苗の即時供給など先制的に対応する」と話した。作物状況管理チームは農林畜産食品部・農村振興庁・韓国農村経済研究院(KREI)・農協と地方自治体が合同で運営している。

中部地方を中心とした今回の大雨は農畜産物の物価にも悪影響を及ぼしている。雨が集中した江原(カンウォン)・忠北(チュンブク)・京畿(キョンギ)地域がハクサイ・ダイコン・ジャガイモ・リンゴ・ナシなどの主産地であるためだ。施設(ビニールハウス)ではなく露地で主に栽培されているこれら作物は特に雨の被害に脆弱だ。土砂崩れや浸水被害で農作物の出荷にも支障が出ている。

この日、韓国農水産食品流通公社農産物流通情報(KAMIS)によると、11日基準でダイコン20キログラムの卸売価格は平均2万9000ウォン(約2970円)で、1週間前の5日と比べると36.8%急騰した。わずか1週間の間にカボチャ51.2%、キュウリ47.1%、長ネギ20.2%、キャベツ11.2%、ヨルム(若大根)9.3%、ジャガイモ4.1%など卸売価格が大幅に上昇した。

集中豪雨に続く暑さで病虫害が広がる可能性が高まり、来月上旬には2大名節のひとつ、秋夕(チュソク、中秋)まで控えていて物価高は持続する見通しだ。

一方、韓国政府が主管する秋夕対応農畜産物割引大展が今月15日から始まる。方次官は「昨年の秋夕期間の1.8倍である650億ウォンの割引クーポンを提供し、1人あたり使用限度も2万~3万ウォンに大幅に拡大した」とし「来月12日まで続く行事期間割引クーポンを活用して大型マート・オンライン・伝統市場などで20大法事用品が20~30%割引価格で購入することができる」と説明した。

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)再拡散で被害を受けている小商工人への支援も続く。方次官は「小商工人経営環境が回復するために2次補正予算案を通じて用意した損失補填金の支援を速やかに終えて損失補償も年内に最大限執行する。高金利借入の低金利借入への転換など債務負担緩和も推進する」と話した。

【【緊急】 韓国、集中豪雨で農地が浸水】の続きを読む


498533_s



1 朝一から閉店までφ ★ :2022/08/11(木) 06:50:54.31ID:MQBbQD/M9
英首都、ポリオ緊急接種へ
下水にウイルス、拡散か
2022/8/11 06:39 (JST)
© 一般社団法人共同通信社

 【ロンドン共同】英保健当局は10日、ポリオウイルスが首都ロンドンの一部市民の間で拡散している可能性が高いとして、ロンドン在住の1~9歳の全ての子どもを対象にワクチン接種を緊急に進めると発表した。ロンドン各地で2月以降、下水からウイルスが複数回検出されていた。ポリオ(小児まひ)の発症は確認されていない。

 保健当局によると、免疫を一段と強めるため規定回数のワクチン接種を終えた子どもにも追加接種する。大半の市民は接種済みで発症するリスクは低い。欧州では2003年ごろにポリオが根絶されている。

 ポリオウイルスは腸の粘膜などで増殖するため下水の調査で検出できる。

【英首都、ポリオ緊急接種へ】の続きを読む


24091236_s



1 Stargazer ★ :2022/08/09(火) 18:24:24.89 ID:TV8TrDLp9.net
修学旅行中のルール違反を理由に空調がされていないバスに待機させられ、体調不良になったとして生徒の母親が会見を開きました。

6月下旬、大阪府泉大津市立の中学校の修学旅行で、就寝時間に友人の部屋に滞在したことがルール違反だとして、学校側は生徒2人を戸外やクーラーが入っていないバスで待機させました。生徒の母親によりますと、制限はおよそ3時間に及んだため、熱中症と見られる体調不良になったということです。

学校側からはルールを破ったという説明のみで、長時間バス内で待機させたなどの説明はなかったといいます。

【母親】
「こういうことをする先生はどれだけ反省してどれだけ怒られても絶対またする。子どもの命を守るどころか逆に危険にさらしている。私は体罰教師とはっきり思っています」

これに対し、学校側は…
 
【教頭】
「待機場所であるとか当時35度より暑かった気温の中で、熱中症の視点が抜け落ちているところは落ち度があったかと思います。そのことも含め学校長も指導が甘かったと反省している。全職員で事案の確認と全体的にあってはいけないことで再徹底しています」

【【悲報】中学校修学旅行中にルール違反した生徒2人、クーラー無いバスに3時間待機させ熱中症に】の続きを読む

このページのトップヘ